HOME > 宝金堂について
店舗前

宝金堂のこだわり

CITIZENブース


愛知県内の路面店として初めてCITIZENコンセプトコーナーを設置。CITIZENブランドの世界観を感じていただけます。

私たちはお客様とのコミュニケーションを通じて、お一人お一人様のライフスタイルに合ったジュエリー・ウォッチ選びのお手伝いをさせていただきます。それぞれの暮らしの中でジュエリーやウォッチが彩る豊かな時間をご提案させていただきます。
宝石はひとつとして同じものがありません。そのため運命的に出会う宝石はあなたのかけがえのないものになるはずです。宝金堂では、そんな運命的な瞬間に一緒に立ち会えればと考え、創業明治37年の信頼と実績のもとに、品質はもちろんのこと、すべてにおいてご満足いただけるように日々努力いたしております。

会社概要

会社名 株式会社 宝金堂
本社所在地 〒444-0045 岡崎市康生通東1丁目18番地
TEL:0564-21-2015 FAX:0564-21-2278
社長名 代表取締役社長 佐谷 智
設 立 昭和38年7月9日
設 立 明治37年1月1日 西暦1904年
資本金 10,000,000円
取引銀行 岡崎信用金庫中央支店
三菱東京UFJ岡崎支店

会社沿革

1860年頃 岡崎城主の下級武士として生計を立てていたが、 飾り職人として商売を始める。
1870年頃 明治時代に入り始めて、宝金堂と商号を定める。
1890年頃 貴金属の販売を始める。
1910年頃 この頃より柱時計・懐中時計の販売和始める
1948年 この年の新円発行に伴い現在の住所に土地を購入、カメラの販売を始める
1952年 政府没収の貴金属・ダイヤモンド等の放出を、西三河ではいち早く購入して販売する。また、名古屋までカメラ・感光製品を購入して当地で販売を始める。
1953年 二眼レフカメラの販売が西三河地区一番店になり、日本工学(ニコン)との特約店契 約を結ぶ(西三河地区では当店一軒のみ)
1961年 資本金300万円で株式会社宝金堂と社名変更する。
1969年 西三河で腕時計販売量1番店となる。
1974年 社屋を新築、鉄筋5階建てにする。
1991年 資本を1,000万円に増資する
2009年 6月に店舗改装

1958年(昭和33年)宝金堂店内にて

1920年頃(大正9年頃)宝金堂店舗前にて
PAGETOP